短ければ、短いほどいいけど…

全身脱毛を受けたいと思ったとき、気になるポイントの一つに、完了するまでの回数と1回あたりの施術時間があると思います。特に、いくつものパーツをまとめて脱毛したいと計画している場合は、当然処理は広範囲になりますし、一回の施術が長時間になってしまうことが予想されます。実際、全身脱毛の平均的な施術時間はどのくらいになるのでしょうか。

 

施術時間は契約の内容によって変わってきます。たいていの脱毛サロンでは、「回数契約」と「月額制」、2種類の契約形式を選択することができます。回数契約は6回コース、12回コースなどトータルの施術回数が決まっている契約です。この場合は施術は2、3ヵ月おきで、1回の施術で契約している範囲をすべてまとめて処理します。

 

背中を見せる女性

 

一方の月額制は比較的新しく登場した形式の契約で、施術回数を決めずに契約し、必要に応じて、月額料金を払って回数を上乗せしていく方法です。月額制では1ヵ月に2回まで予約を取ることができるため、一回の施術では全パーツの2分の1ずつ、または4分の1ずつのように、範囲を分割して処理していきます。

 

肝心の施術時間ですが、月額制の場合は施術時間は1〜1.5時間程度、回数契約の場合は2.5時間程度が平均的な長さの目安です。つまり、月額制は1回の施術時間が短い分、サロンに頻繁に通わなければいけません。逆に回数契約は、通う回数は少ないですが、一回の拘束時間が長い、ということになります。

 

それぞれの特性はメリットにもデメリットにもなりますから、サロンとの距離や、生活の中でどのくらいの時間を脱毛に割くことができるか、家族のいる方は家族の理解など、さまざまな条件とつき合わせて選択されるとよいと思います。

 

ただ、ちょっと参考までに。サロンでは、脱毛器を使用する前に、温度が上がりすぎて火傷をしないように肌に冷却ジェルを塗りますよね。広範囲をいっぺんに受ける場合、冷却ジェルを長時間に渡ってあちこちに塗ると、思った以上に体が冷えてつらい、という声もあります。

 

このように、実際に受けてみないと見落としてしまうポイントもありますから、口コミなども参考にしてみてくださいね。