ぶっちゃけ、なんで安いの!?

今年こそ脱毛サロンに通いたいけど、ワキだけじゃなくて、手足やVラインも一緒に処理したい。鼻下や、背中や、うなじもきれいにしたい…。そんな人は全身脱毛が安いので、確実におすすめです。

 

普通、ワキ脱毛はとても安い料金が設定されていて、安い脱毛サロンだとわずか100円ほど。もちろん、この料金だとサロンは赤字です。

 

安いワキ脱毛でお客さんを呼び寄せて、高いプランを売りつけるのが目的では…。そう思う人もいるかもしれません。

 

中には、そういう脱毛サロンもありますが、大手サロンの多くはこのような強引な勧誘営業は行っていません。では、安さの秘密とは…。

 

脱毛サロンに通った女性の多くは、脱毛結果に満足します。肌への負担の大きい自己処理がなくなることによって荒れた肌は改善し、なによりも毎日のお手入れから開放されます。

 

それならばと、今度はスカートから出るひざ下、下着からはみ出るVライン、鼻下のヒゲなどに興味をもつようになります。

 

ひざ下に脱毛クリームを塗る女性

 

ところが、ひざ下をやると、肌のつながっているひざ上も気になるようになります。Vラインだけを処理するとつなっがているIライン・Oラインが不自然に思えるようになります。鼻下がきれいになったら、残されたあごや額のうぶ毛が目立ってきてしまいます。

 

パーツ単体だったら安い料金設定だった脱毛ですが、結局、このように3部位、4部位と増えていくと確実に割高になってしまうのです。

 

それなら、最初から全身脱毛をやったほうが断然、安い料金で済むというわけです。ですので、「私は気になっている部位が1〜2部位だけ。それ以外のパーツは、うぶ毛すら気にならない!」という方以外は、全身脱毛がお得と言えます。

 

プールから腕や顔など上半身を出す女性

 

全身脱毛のメリットは安いだけではありません。時間的にも効率がよくなっています。ワキなど単体で通うと、完了するまでに2年くらい。次に気になる部位を契約してまた2年。さらに他の部位を途中からまた始めたりして…。完了するまで、脱毛サロンに何年、通い続けるのでしょうか。

 

それならば、最初から全身脱毛をやった方が効率的ですよね。このようにコストパフォマンスが安いだけでなく、時間の節約にもつながります。

 

ただ、安いというだけでは意味がありませんよね。しっかり効果を感じられることが脱毛サロンに通う最大の目的なはずですし、長く通うのだから気持ちよく通えるサービスのしっかりしたお店がいいはず。そこで、このサイトでは、全身脱毛が安いだけではなく、その他のおすすめポイントもしっかりお伝えしていきます。

 

それなら、本当にコスパがいい脱毛サロンはどこ?

キレイモは月額9,500円。月に2回通って全身1回分。交通費だって安いほうがいいですよね。

 

痩身効果のあるスリムアップ脱毛。部位数が多いのも特徴です。また、月額制にありがちな落とし穴が予約が取りづらいということ。キレイモは予約が取りやすいという評判です。

 

このように、総合的に考えても最もコストパフォーマンスの安い全身脱毛サロンがキレイモではないでしょうか。

 

続いては、全身脱毛の料金としては高い方になるミュゼ。このミュゼをおすすめしたい理由は次のとおりです。

 

以上のように、長く通うならミュゼは最も安心して通える脱毛サロンと言えます。

 

医療レーザー脱毛は一般的に高いという印象がありますが、実はそれは間違いです。なぜなら、1回あたりの効果も高いので、契約する回数が少なくて済むからです。結果的に少ない回数で良いので、料金も安いということです。

---コラム--- 全身脱毛のときのアフターケア

光脱毛のように熱を使った脱毛では、ムダ毛と一緒に皮膚組織もダメージを受けます。処理範囲が広くなる全身脱毛の場合は、ダメージはより大きくなります。トラブルを避けるため施術後のアフターケアが大切です。

 

脱毛サロンの光脱毛は、ムダ毛に特殊なライトを照射し、毛根に熱を加えることで脱毛させる方式です。

 

光脱毛は痛みも少なく肌に優しい方式だといわれますが、毛根が処理される際に周囲の肌も高熱を受けるため、肌がまったく傷まないというわけではありません。特に全身脱毛の場合は、施術を受けたあとに肌トラブルが生じるリスクが高いといえます。

 

まず、全身脱毛では、いくつものパーツをいっぺんに処理することが多く、必然的に肌が広範囲にわたってダメージを受けることが理由としてあげられます。脱毛を受けた直後の肌は熱がこもるため、軽い低温火傷に似た状態になります。火傷の状態が全身に点在しているわけですから、ダメージは感じる以上に大きいですし、同時に肌の抵抗力も落ちるため、細菌が侵入しやすくもなります。

 

脱毛後の代表的なトラブルといえば、毛穴に細菌が感染する毛膿炎があります。一般的には蒸れやすく、汗をかきやすい部分にできることが多いですが、全体に抵抗力が下がった状態だと、思いがけない部分に発症することも考えられます。

 

脱毛を受けたあとのケアは、肌を冷却して内部にこもった熱を取ること、熱で失われた水分を補って、肌の保護機能を回復させること、これが基本です。全身脱毛の場合もケアの方法については変わりませんが、肌の状態をきちんとチェックすることや、スキンケアをより丁寧に行うという姿勢が求められます。

 

ただし、ケアをしていても細菌が入って炎症を起こしてしまうことはどうしてもあります。その場合は、最近スキンケアアイテムとして人気のある、天然オイルを使ったケアがおすすめです。

 

オイルの中で、抗炎症作用を持ったものを選び、トラブルが起きている部分に優しくすりこみます。アルコールや消毒薬で消毒する方法もありますが、これだとどうしても皮膚の表面だけを消毒する形になります。しかし脱毛による炎症は、毛根のある毛穴の奥で起きていることが多いため、消毒薬は思ったほど効いてくれないことがあります。オイルは皮膚の内部に浸透しますから、毛穴の奥の炎症を鎮めるのにはこちらの方が有効です。